個性を大切にあなたと一緒に歩んでいきたい,精神疾患,大阪,訪問介護

Q&A

訪問看護とはなんですか?
看護師などがご自宅を訪問し、病気や障がいなどで療養生活を送っている方の医療処置を行うサービスです。
ご本人や家族の意思を尊重して、その方らしい生活ができるよう予防的支援から看取りまで支えます。
訪問看護の利用者負担はどれくらいですか?
【介護保険の場合】原則として1割負担です。(65歳以上の方は平成27年8月から所得により2割負担になります)
【医療保険の場合】1割から3割負担です。(精神障害保健福祉手帳や自立支援受給者証をお持ちの方は、自己負担が減免される場合がございます。)
どんな人が訪問看護をうけられますか?

病気や心身の障がいのために支援を必要とする方で、主治医が訪問看護の必要を認めた方です。
具体的には、うつ、統合失調症等の精神疾患の方、閉じこもりがちな高齢者で寝たきりになるおそれがある方、症状観察や服薬指導が必要な方、認知症や糖尿病で在宅医療が必要な方などです。

詳しくは当ステーションにご相談下さい。

訪問看護にはどんなサービスがありますか?
在宅での療養生活の支援・相談、病状や健康状態の管理と看護、医療処置・治療上の看護、苦痛の緩和、在宅移行支援、精神障がいの方の看護、認知症の方の看護などの医療処置をします。
ご家族の方からの相談にも応じて医療的なアドバイスをします。